医師求人、医師募集を探せ!医師の転職について

専門職の求人はなかなか一般の求人情報では掲載されにくいのです。医師転職の情報を収集して、より良い条件の職場を見つけるましょう!

TOP 医師転職 医師が転職する場合、何に注意したらいい?

目次

  1. 医師が転職する場合、何に注意したらいい?
  2. 医局に医師が転職先を依頼することと自分で転職先を探すのどちらがいい?

医師が転職する場合、何に注意したらいい?

医師が転職する場合、次の点に注意する必要があります。

  1. 転職の目的を明確にする。 なぜ転職するのか?転職先で何を実現したいのか?転職の目的を明確にすることで、転職活動の方向性が定まります。待遇なのか?職場環境なのか?今後のキャリアなのか?
  2. 希望する条件を整理する。 給与、勤務地、勤務時間、休日、福利厚生など、希望する条件を整理しておきましょう。希望条件が明確であれば、転職先の選択肢を絞り込むことができます。
  3. 転職エージェントに相談する。 転職エージェントは、医師の転職に精通しており、転職活動のサポートをしてくれるので、転職を考えている方は、転職エージェントに相談することをおすすめします。医師転職エージェントを選ぶということから始めなくてはいけません。
  4. 面接対策をする。 面接では、自分のスキルや経験をアピールすることが大切です。また、転職の目的や志望動機を明確に伝えましょう。
  5. 内定後も気を抜かない。 内定後も、条件面の確認や入社の手続きなど、細かい点に気を抜かないようにしましょう。不明な点は転職先または医師転職エージェントに確認しましょう。

医局に医師が転職先を依頼することと自分で転職先を探すのどちらがいい?

医師が転職先を探す方法は、大きく分けて「医局に依頼する」と「自分で探す」の2つがあります。どちらの方法にもメリットとデメリットがあるため、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

医局に依頼するメリット

  1. 医局には、医師の転職情報や人脈が豊富にある。(通常、転職できないようなところに転職出来る場合もある)
  2. 医局の推薦があれば、転職先の選考に通りやすい。(採用されやすい)
  3. 医局の仲間からサポートを受けることができる。

医局に依頼するデメリット

  1. 希望する転職先に就けるとは限らない。(転職先の採用が確定でないのに選べない)
  2. 医局の事情で、希望する転職先に就けなくなることもある。(自分の意思だけで転職先を決めれない)
  3. 医局に依頼すると、転職活動が制限される可能性がある。

自分で探すメリット

  1. 自分の希望に沿った転職先を見つけることができる。
  2. 転職活動の自由度が高い。
  3. 自分で条件の良い転職先を見つけることができる。

自分で探すデメリット

  1. 医局に依頼するよりも、転職活動が大変になる。(自分で転職先を探す必要がある)
  2. 医師の転職情報や人脈が少ない。(希望の転職先の情報がない)
  3. 転職先の選考に通らない可能性がある。(応募後の採用確率が低い)
  4. 転職活動で孤立してしまう可能性がある。(転職に関して周りが応援してくれるとは限らない)

結局のところ、どちらの方法がいいかというのは、個人の状況や希望によって異なります。医局に依頼するか、自分で探すか、よく考えて決めることが大切です。

医師転職、医師アルバイトについての記事

医師の求人を探せ!HOME  /  医師求人  /  医師求人精神科  /  医師転職  /  医師募集  /  医師アルバイト  /  医師バイト

医師求人を探す

医師転職についての記事

医師募集

医師アルバイト