医師の求人を探せ!

専門職の求人はなかなか一般の求人情報では掲載されにくいのです。医師転職の情報を収集して、より良い条件の職場を見つけるましょう!

TOP 医師求人 医師バイト 医師募集 医師転職 異業種へ医師転職

目次

  1. 異業種へ、医師転職
  2. 診療科目別の医師転職情報の探し方
  3. 転居費用の補助もある医師転職情報
  4. 精神科の医師転職時に気をつけたいこと
  5. 医師転職の詳細について
  6. 医師転職を行う前のポイントについて
  7. 比べたい美容外科による医師求人
  8. 医師の募集において交渉できる年収
  9. シニア医師が活躍中の非常勤の医師のアルバイト

異業種へ、医師転職

医師としてのキャリアがあって異業種への転職を考えている人が、これまでの経験と知識を活かせる職場は幅広くあり、医薬品会社や保険会社などがその代表的な企業と言えます。

また、医師免許は国家資格ですから、資格自体が求められる職場もあり、その中で考えておかなくてはいけないのは、収入やライフスタイルの変化。これは転職前にどのような生活スタイルだったかにもよりますが、大部分の人が変わりますし、そのために転職をするというケースもあります。医師転職を成功させるには、適正とキャリアが生かせる場をいかに上手く見つけられるかが勝負になります。

産婦人科の医師求人情報を探すなら「医師求人 産婦人科」で検索。

医師転職についての記事

診療科目別の医師転職情報の探し方

これまでのキャリアを生かしながら医師が転職をするときには、診療科目別に医師転職情報をチェックするのがポイントです。特に外科の専門医が医師転職情報を調べる場合には、治療実績の種類や設備などにこだわるのが理想的です。

症例が豊富な病院であれば、どのような診療科の医師であっても、理想的な転職が実現できます。研究を重視して仕事を探したいときには、週4日勤務や日勤限定の採用情報を選ぶのが一般的です。内科系の医師が仕事を探すときには、求人サイトを活用して、呼吸器系や循環器系の疾患の治療に力を入れる医療機関を選ぶのが良い方法です。

転居費用の補助もある医師転職情報

地方都市にある地域の中核の病院では専門医を積極的に募集しているので、恵まれた条件の医師転職情報も短期間で見つけることができます。都市部から転職する人も多いために、医師向けのハイグレードな住居にも、割安な家賃で入居することが可能です。

遠方から転職する人へのサポート体制も充実しており、地方の病院の多くが転居費用の補助にも積極的です。そのために内定が決まってから医師転職に向けて、スムーズに準備作業が行えます。

また学会出席への補助や週4日勤務のように、研究環境にも恵まれた条件で働ける病院の求人情報も数多くあります。

医師の求人を探せ!HOME  /  医師求人  /  精神科の医師求人  /  医師求人精神科  /  医師求人 内分泌科  /  医師転職  /  異業種へ、医師転職  /  医師募集  /  医師アルバイト  /  小児科の医師アルバイト  /  医師バイト

「医師の求人を探せ!自分らしさを発揮できる職場を探す」へのお問い合わせはこちらへ。当サイトでは効率の良い医師求人情報の収集方法から、医師募集で求められる医師についてや、医師転職で注目すべきポイントまで、様々な情報を提供しております。

精神科の医師転職時に気をつけたいこと

精神科の医師転職時に気をつけたいことは、精神保険指定医の資格を取得しているかどうかです。精神保険指定医の資格を取得していないと、待遇面でかなり不利になる可能性があります。

なぜなら精神保険指定医の資格があるかないかで、診療報酬などが異なってくるので、雇う側としても待遇に差をつけざるをえないのです。年収にして100万円以上もの差がついてしまうこともありますから、精神科へ医師転職するならぜひ精神保険指定医の資格を取得するべきです。もし精神保険指定医の資格を持っていないのであれば、これから取得するつもりであることを熱心に伝えるといいです。

医師転職の詳細について

昨今においては医師不足が変わらず続いており、医師の仕事においては売り手市場であることが挙げられます。しかしながら、診療科目において人気の分野と医師の不足している診療科目で大きく差が開いています。

また、都市と地方においても開きがあり、地方の医療環境は十分に整えられていないことが、問題としてあがっています。医師転職をする際には将来のキャリアアップを考え、そのような医師不足の病院で経験を積むことも手段の一つとしてあげることができます。いずれにしても自分にあった勤務先を見極め、転職をすすめていくことをおすすめします。

医師転職を行う前のポイントについて

医師転職をおこなうことについては珍しい事ではなく、多くの医師がおこなっていることとしてあげることができます。

しかしながら、通常の職業と同じで一度決めてしまった場合において、失敗してしまったからと言って安易に転職を繰り返すわけにもいきません。

そのような事態を防ぐ方法として、勤務を希望する病院についてスポット勤務をおこなうことです。スポット勤務をおこなうことで、その病院における現場の状態を自身で確認することができ、適正を考えるチャンスがあります。

そのように上手に活用できる事は行い、医師転職に役立てることをおすすめします。

精神科の医師求人情報を探すなら「医師求人 精神科」で検索。

比べたい美容外科による医師求人

たくさんある美容外科による医師求人ですが、似ている点もあれば、異なる点もあります。美容外科による医師求人が複数ある場合には比べてみると分かりやすいでしょう。

比較的似ている美容外科による医師求人が複数見つかると、どの案件に応募するかという事で悩む事もあります。美容外科による医師求人は、一度に応募すると言っても、数件を超えるとまとめて応募するのは難しいと思われます。

そのため、美容外科による医師求人を絞り込む必要があります。欠かす事がでない条件を優先するといいでしょう。優先度が低い条件については、仕方なく妥協しないといけない事もあるかと思います。よく選ぶ事が大事です。

産業医のための医師募集について。

医師の募集において交渉できる年収

常に医師の募集に記載されている年収ではなく、もう少しアップして欲しいという場合、可能な範囲で不満なく働ける年収の医師の募集を見つける必要があります。

しかし、どうしても納得できる年収の医師の募集が見つからないというケースもあるかと思います。その様な場合には、医師の募集に記載されている年収を交渉する事で、収入アップを目指せる場合もあります。

医師の募集に記載されている年収を交渉するというのは、簡単ではありません。初めて交渉するとなれば、どの様に話をすればいいか分からない事もあるかと思います。その様な場合には、なるべく担当コンサルタントに相談した上で、話を進めるといいでしょう。

小児科の医師アルバイトについて。

シニア医師が活躍中の非常勤の医師のアルバイト

現在ではたくさんのドクターが非常勤の医師バイトを行っています。非常勤の医師のアルバイトを行うのは若いドクターだけではありません。

時として年配のドクターが非常勤の医師アルバイトを行う事もあります。

最近はシニア医師が活躍している非常勤の医師のアルバイトもたくさんあります。シニア医師は頻度の高い夜勤をこなす事が難しいため、限られた時間のみ働く非常勤の医師のアルバイトが適している事もあります。

短期のみの仕事ばかりではなく、案件によっては長期的に働く事ができる案件もあります。定年後に働ける職場を探しているという人がいれば、この様な案件に注目するのもいいでしょう。

医師求人を探す

医師転職についての記事

医師募集

医師アルバイト